スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日目午前の過ごし方




さーて、今朝は何を食べようかなぁ。

ホテル周辺には飲食店が多いので、ウロウロしながら店を決めました。

ここかなっ。


13758.jpg



中には店のおばさんが一人で座っていて、あぁ日本人が来ちゃってどうしようという顔。

でも私が韓国語で「朝食は何ができますか?」と尋ねると、壁を見て「全部できますよ。」と答えてくれました。


13754.jpg



13755.jpg



料理が運ばれ、おばさんが何か言ったのですが聞き取れず、えっ?という顔をすると「マニモゴヨ(たくさん食べてね)」と言い換えてくれました。

そんな小さな優しさが嬉しいんですよね。

夫はヘジャングッ(ここではタラのスープ)、私はスンドゥブを注文。

テーブルに並んだおかずや、使い込んだ小さな一人鍋もいい感じ~。


13756.jpg



お会計を頼むと、「もっと食べて。お代わりしないの?」と聞かれました(そんなニュアンスです)。

不愛想に見えたおばさんが、片言の韓国語を話すことで私達が少し歩み寄れば、こんなに優しく接してくれるんだなぁと、昨夜とあわせてこの旅一番の嬉しい思い出になりました。







ホテルに戻ってチェックアウト。

この時、次のホテルでチェックインまで荷物を預かってほしいという韓国語を、メモに書いてもらいました。

フロントの人はみな日本語が上手なうえに親切なので、本当に助かるんですよねぇ。

私が言った言葉を直訳したのではなく、ちゃんとした文章に置き換えたところも感心しました。

次のお宿は麻浦レジデンス。

こちらは日本語が通じないので、先のメモが役にたちました。





次の予定は、いつもお世話になっているソウル市のウォーキングツアー。

今回は漢江・切頭山聖地コースです。

合井駅で待ち合わせたボランティアガイドさんは結構年配の男性でした。

彼の案内で住宅街を歩きます。

どちらに向かってるのか全く方向感覚が掴めなかったのですが、帰国後確認するとこの辺りにYGエンターテイメントがあったのねぇ。


13770.jpg




そして到着したのは、世宗大王の兄、孝寧大君の別邸として建てられた「望遠亭」。


13769.jpg



13762.jpg



中には「喜雨亭」と書いてあるんですが・・・。


13766.jpg




目の前の道路は当時無かったので、それを差し引いて漢江を眺めると、優雅な気分になります。


13767.jpg



13763.jpg



13765.jpg





車が行き交う道路の脇を通って、次はお化けっぽい看板の「楊花大橋」。


13772.jpg



えっ?! ここを渡るの?


13774.jpg



と心配しましたが、途中の階段を下りて川岸へ。良かったぁ。


13777.jpg



川岸は整備されていて、運動やサイクリングにもってこいです。


13778.jpg



13783.jpg



ヨイドの国会議事堂などを向こう岸に眺めながら進みます。


13779.jpg



13784.jpg








カトリック信者が首を切られ「切頭山」と呼ばれるようなったこの地に建てられた、殉教者博物館を見学しました。


13785.jpg



13788.jpg



ソウルではいつも感心するんですが、デザインが独特。


13794.jpg




13795.jpg



13796.jpg



13797.jpg



13798.jpg








次は外国人宣教師墓地へ。


13813.jpg



13810.jpg



13808.jpg





合井駅に戻るとツアーは終了。

暑いなかたくさん歩いてへとへとになりました。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。