スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のソウル


年を越す前にすべき事は、年賀状や大掃除などたくさんあるというのに、旅行記を書いていない事が一番気になるんですよねぇ。
色々思うことの多かった濃い旅だったので、自分の中で忘れてしまうのが勿体なくて。
立ち寄ってくださったみなさまも、少しお付き合いいただけますか?


今回は、私にとっては記念すべき10回目のソウル旅。
でも9回目になる夫は出発前から「もう韓国はこれでいいかな。」と言っていたので、最後の旅になるかもという覚悟(ちょっと大袈裟?)で家を出ました。
そのせいか、関空までのリムジンからの景色も、空港での待ち時間も、今までその時間をどんな風に何を感じて過ごしたかを思い出したり、忘れないでおこうとアンテナを張ったりして何だか新鮮。
これは7年前の初めての旅に匹敵するワクワク感でした。

今回のホテルは、市庁広場の横にあるプレジデントホテル。


924.jpg


長い間いつ来ても工事中だった、光化門から世宗大路・市庁舎までがすっかり綺麗になり、部屋から見下ろすその景色には感慨深いものがあります。
ただ、これまでの広場と違ったのは・・・。



912.jpg



4月のセウォル号事故の追悼の場所となっていたことです。



913.jpg




923.jpg



915.jpg




黄色いリボンに書かれたメッセージをゆっくり読むために、翌朝も一人で歩いてきました。



992.jpg



ハングル文字を一文字ずつゆっくりとしか読めない分、それを言葉として理解した時には、一言一言がさらに重く伝わり、涙があふれました。
子どもたちのメッセージ(字数が少なくて読みやすいので・・・)にも泣かされました。



997.jpg



[お姉さん、お兄さん、本当にごめんなさい。必ず帰って来てください。]


市庁舎に掲げられているように、[ごめんなさい]と書かれたメッセージが多く、韓国の人達がこの事故を自分たちの問題として深く受け止め、そして傷ついているのが分かりました。


989.jpg


990.jpg


[ごめんなさい。 空のお国で幸せで健康でいらしてください。
お姉さんお兄さんたち、幸せでいらしてください。いつまでもいらしてください。]



994.jpg




                    ご冥福をお祈りします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。