FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画は、ソウル旅行最大のお楽しみ


日程が決まれば、まずは航空券の手配。
安さは重要ですが、みんなには久しぶりの海外旅行なので、機内食は欲しいよね。
朝の8時ごろに家を出て(朝ごはんの片づけと、洗濯物を干し終え、気持ちよく出発できるはず。)、夜の9時ごろに帰宅(夕食を作るつもりは無いけど、荷物を広げて家族にお土産を見せるぐらいは元気も残ってる。)という、理想的な時間帯の飛行機を探すと、大韓航空が良さそうです。
次に、その便を一番安く販売している旅行社を探したんですが、意外なことにそれは大韓航空でした。


素敵なホームページの、日本語のページで簡単に購入。
しかーし!
キャンセル料金のことで問い合わせたチャットは1時間がかりのやり取りでも知りたい答えが出ないし、メールでのチケットは英語か韓国語しかなく、どこをクリックすればいいかも分からない。
何が書いてあるのかと電話で問い合わせても、日本語のものは無いと言われました。
じゃぁ、日本語のページを作って安易に売らないでよ!
それに、空港には一人につき6ページずつ(4人分なので24枚)印刷して持ってこいと。
はぁー?便名と時間と氏名があるページだけでもいいんじゃないの?
大韓航空といえば、ナッツリターンの副社長には呆れましたが、このシステムにはかなりイライラさせられました。


次はホテルを決めます。
いつもは行動範囲を先に考えて、動きやすい場所の近くから探すんですが、今回はちょっと違います。
体調が悪くなったらホテルでゆっくりし(4人でいたらどこでも楽しいの~)、食事も中でできるように、キッチンが付いたコンドミニアムを探しました。
そこで見つけたのがEZレントハウス。とにかく広ーい!
それに交通の便がすごくいいんです。知らなかったわぁ。
地下鉄の孔徳駅からすぐだし、市バスでどこにでも行けちゃう。もうワクワクです。


観光は、みんなの希望で決めたいところ。
でもみんなはあまり知らないので、観光地のリンクを貼ったメールを送り、その中から興味のある5個所を選んでもらうなどして、考えてみました。
初めてだけど最後かもしれないみんなとのソウル。外せない場所がいっぱいです。


そして食事。
N子からも聞いていましたが、調べてみると注意して食べなければいけないものが多くて、難しい・・・。
胃が無いのですから当然ですが、少しずつしか食べられません。
ご飯なら1日でお茶碗1杯分を3回に分けて食べるぐらい。
韓国料理は種類が多いんですが、炭水化物の料理(キンパッ・ピビンパッ・トッポッキ・チヂミ・ククス・クッパ・マンドゥ・冷麺)はたくさん食べられないし、韓定食だと野菜のおかずも繊維が多そう。
刺激が強い赤い料理(タッカルビ・メウンタン・カムジャタン・チゲ全般)もダメ。
大好きなカンジャンケジャンも、N子はみんなより食あたりになりやすいというので却下。
お肉をメインに考えて、量は自分で調整してもらうのが良さそうです。
でも、4人でお店に入って3人分を注文し、店員さんの接客態度が悪くなるのも嫌なので、そのへんも考えなくては。


行きたいポイントが決まれば、どの順番で行くかをパズルのように組み合わせ、それを地下鉄や市バスという線で繋いでいきます。
できるだけ効率よく、歩く距離を少しでも削って(いつも、知らないうちにすごく歩いてるんですよねぇ)の移動です。
地下鉄の出口や市バスの停留所も、ちゃんと確認。


大体の流れを把握すると、今度は行ったつもりでイメージしてみます。
気になる個所は何度も調べに行って、できるだけスムーズになるまで。
この過程が楽しいんですが、もう3回ぐらい行って帰ってきた気分。
あー楽しかった。
こうなると、もし私が行けなくなっても他の3人に「このプランを持って、行っておいで」と言えそうです。
いや、いっそ私抜きで自分たちだけでスッタモンダして旅をしたら楽しそう~。きっとソウルに嵌る!なんて思っちゃいます。


私が作ったメモを旅程表に仕上げるのは、それを得意とする夫に依頼。
このプランが晩酌の肴になり、あそこに行けば?ここはどう?と二人で盛り上がります。
案内役を買って出ても、自分も楽しみたい(新しい物を見たい)私と違って、自分のベスト(何度も見た物でも)を見せてあげたい夫。
夫のホスピタリティは本物だわ。




20150502.jpg




その夫なんですが・・・。
夜ごと飲む度に、一緒に行きたいなぁと言い寄ってくるんです。
「別の部屋でいいから」 「昼間は別行動するし」 「みんな飲まへんから寂しいんちゃう?」などと。
夫は、ソウル旅の大事な連れなので無下に断れないんですが、女友だちとの旅行にはちょっと・・・。
それも何十年ぶりという旅なので、どうしたものかと返事を渋っていると、自分の友だちと台湾に行くという計画を立てていました。
ほっ。 夫は今週末に出発です。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出発時間も帰国時間も響さんの読み通りバッチリでした。おかげさまで無理な早起きもせず、帰ってからも自分の夕食だけ考えてればよかったし。なるほど~~それであの時間だったのかとブログを読んで知りました。
韓国旅行は、韓流ファンの友達に話をすると「いいね、私も行きたいわ」とうらやましがられます。今度連れてってよって話ももちかけられるけど、響さんの豊富な知識による計画や案内エトセトラがあったからこそこれだけ濃密な旅行ができたんだよね。一度行っただけじゃ私が案内なんて無理無理!

プラン

響さんの予定表はツアー会社並の素晴らしいものでした。
悲しいことにハングルで書いてあるところは読めず、あ~ハングルが読めるようになりたいって思いました。
響さんは韓国ツアー会社を立ち上げられると思います。
一日の行動を分単位で考えられてて、そのプランを見て私も予習を頑張りました!

No title

計画を立てるのはお安い御用です。
ただ、行ってからのアクシデントが読めないのよね~。

予習を頑張ってくれて嬉しかったわぁ。
ハングル語講座まで見始めるなんて。
私も刺激になりましたー。
プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。