FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要な最初の観光ポイント


荷物を置くと、すぐに出発です。

初めに目にする場所は強く印象に残るので、やっぱりここ。

ソウルの中心いえ韓国の中心と呼ぶにふさわしい、光化門広場です。

広場の北には景福宮、その奥には青瓦台、東にはアメリカ大使館、西には政府の庁舎や世宗文化会館、少し南に下るとソウル市庁舎があり、朝鮮時代からの歴史を感じつつ、発展した現代の韓国の姿も見られます。

工事が終わってきれいに整備され、ソウル好きの私がみんなに見てもらいたかった一押しの場所。夜のライトアップもいいのよ~。





ホテルからは、景色を見ながらの市バスでの移動を考えていましたが、この日は歩行者天国になると知って地下鉄に変更。

改札を出て地下をしばらく歩き、2番出口の階段(これがいつも辛い・・・)を上がると、すぐに広場です。

あー、世宗大王だ~。

本当はみんなに、ドラマ『大王世宗』を観てからソウルに来て欲しかったんですが、それが叶わずとても残念です。

ドラマを観て、その想いを持ってここに立てば、じゅわーっ心の底から喜びが湧きあがるのになぁ。

まぁそれはしょうがない。 はいはいそこに並んで~。




20150509.jpg




まるで世宗大王が、ようこそってお迎えしてくださってるみたい。

みんなをここに連れてこられて、私も満足じゃ~。

展示品を簡単に説明し(ヨンシルを知っていればここも盛り上がるポイントなんだけどね)、地下の展示室もさらっと見学しました。




20150510.jpg







広場の南端は、セゥオル号追悼の募金活動?のようなコーナーになっていました。

未だに見つかっていない人もいて、皆の関心が薄れないようにというのは十分理解できるし、悲しい気持ちは私も同じですが、ここで寝泊まりしているのかなと感じる周りのテントの様子をみると、この場所に相応しくないような印象を受け、パネルを見ることもなく足早に通り過ぎました。




20150511.jpg










教保文庫の角にある『紀念碑殿』と書かれたこの建物。



20150512.jpg



これは何かと聞かれたんですが、高宗王に関するものぐらいにしか答えられませんでした。

調べてみると、高宗王の即位40年と、国名を大韓帝国と改め、初めて皇帝の称号を使用したことを記念するために建てられたもので、景福宮の勤政殿を真似て作られているそうです。

お勉強、お勉強っと。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

世宗大王のドラマ、仕事のお盆休みに見るからねっ!
どんな人だったのか、興味あるから。

No title

観終わったら、またソウルに行きたくなるよ~。
景福宮で見てきた風景も思い出すはずです。
プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。