スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人観光客には定番の仁寺洞



なので、韓国の中で外国人密度が一番高い場所でしょうね。

仁寺洞には、見て楽しい伝統工芸のお店がいっぱい。

パレードで混んでいる道から外れ、サムジギルに入りました。


20150545.jpg




20150546.jpg




外のパレードの様子を、今度は上から眺めます。



20150547.jpg



20150548.jpg



サムジギルは緩いスロープで4階までぐるぐる回って上がるので、全てのお店をのぞくことができます。

個性的で素敵がぎゅっと詰まったお店ばかり。



20150549.jpg










『福をたくさん受けてくださいね!』と書かれています。



20150550.jpg




屋上のキリン。


20150551.jpg




階段で1階まで降り、私たちがゆっくり見たのは帽子屋さん。

普段使いではない、おしゃれな帽子がいっぱいあります。

宝塚歌劇が好きなみんなには、こういった装飾がビビッとくるんでしょう。

少女漫画で育った私も、もちろんこんな「夢見るデザイン」好きよ~。

買う気もないのにウインドウに張り付いて、しばらく遊びました。







次に寄ったのは昨年9月にできて、チェックしていた仁寺洞マル。

新しくておしゃれなお店ばかりです。


20150552.jpg



中央のベンチが置いてあり寛げるスペースでは、おじさんがピアノを上手に弾いていました。

そこにぶらっとやって来た人のようにも見えるんですが、何曲も弾いていたので、お仕事だったのかもしれません。 


20150553.jpg


先ほどのサムジギルと違ってここは階段を上がるので(エレベーターもありますが、わざわざ面倒)、すべてのお店を見ようという気にはなりませんでした。









仁寺洞マルを出て、道の両側にある化粧品店やお土産物屋をのぞきながら南へ。


20150554.jpg





「パリクロワッサン」というカフェで休憩です。



20150555.jpg



夫との旅行では、はしごしながらお酒を飲み続けるので、カフェなんて入らないんですが、普通の人達はこうするんですねぇ。

壁面の写真と椅子がパリって感じ。


20150556.jpg



ここで足を休め、次の予定を伝えて出発です。



20150557.jpg













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あのピアノおじさんは何者なんだろうって思いました。
プロではないはず。だって娘が弾くピアノとあんまり変わらなかったから。でも、ピアノの音が心地よく響いてました。
カフェで一息入れて元気が出たね。
胃の無い私は一度にたくさん食べられないから、こうして休憩して何か食べられるのがとてもありがたかった。
響さんの心遣い、ありがとう。

No title

胃が無いとは思えなかった・・・。
人の体って不思議。
みんなと一緒だと、喋る空間があればどこでも楽しかったね。
プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。