FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景福宮で朝鮮時代へ


一夜明け・・・。

実はこの間に起ったあれこれが、この旅一番の私たちの山場になったんですが、それは書き留めておかなくても、数十年後まで四人で繰り返し語ることになると思うので、パスしましょう。




いろいろあって出発が遅れたんですが、朝食は予定通り光化門駅に近い「全州豊南会館」へ行きました。

お粥も機会があれば食べたいと聞いていた(でも専門店ではN子が一人前は食べられない)ので、種類の多い店でシェアして食べようと思います。

注文したのは、全州豆モヤシクッパ ・ 卵蒸し(ケランチム) ・ サバ焼き定食 ・ アワビのお粥。



20150569.jpg



美味しかったし、取り皿を持ってきてくれるなど、ご主人も感じのいい人。

いろいろ食べられて、みんなも満足したようです。



20150568.jpg




昨日の光化門広場を北に進みます。



20150570.jpg



10時から始まる日本語での説明を聞きたかったんですが、光化門に着くとすでに10時からのイベントが始まっていて、これが終わらないと入ることができません。



20150571.jpg



折角なので、これも見学。



20150572.jpg



チケットを買って急いで中に入りました。



20150573.jpg



順路は知っているし、まだそんなに遠くへ行ってないはず。

日本語ガイドの集団に追いつこうとしましたが、見つけられませんでした。

仕方がないので私が説明しようと、勤政殿まで戻ります。



20150575.jpg



資料を見ているN子(いつもの私のポジション)と、お気楽にフラフラ付いてくるS子とM子。

昔と変わらぬ、彼女たちのポジションです。



20150574.jpg



私の今までの知識を総動員して、みんなに景福宮の説明をしました。

ガイドさんの説明が聞ければもっと良かったのにと、残念です。



20150576.jpg








さらに北にある国立民族博物館も見学します。

中に入るとすぐに、11時から日本語ガイドがあると館内アナウンスが。

ラッキー!

男性ガイドさんに付いて回りました。

装飾された棺。



20150581.jpg



朝鮮時代の両班の結婚式の様子。



20150577.jpg



その説明を聞く、三人の様子です。

N子はメモまで取ってる!



20150578.jpg




私より熱心にガイドさんの話を聞く人が、今まで私の周りにはいなかったから、この姿が嬉しいわぁ。




20150579.jpg



この三人の後ろ姿も、先生(何の?)は嬉しいよー!



20150580.jpg







この後、昨夜眠れなくてぼうっとしているM子もいるので、自販機でジュースを買ってベンチで休憩しました。

腰を下ろせばどこでも話に花が咲き、またワイワイ。

これでまた元気が復活です。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホテルのオンドル事件の寝不足でガイドさんの説明をちゃんと聞けなくて本当に申し訳なかったです。私の分も聞いてくれた(?)N子、ありがとう。
だけどその後座って四人でお話をしてるとすっかり元気が戻ってました。やっぱりみんなとのおしゃべり楽しいねーー。

何も考えず前を行く二人の後ろをS子とついて行くのって、昔の数々の旅行を思い出して懐かしい。いくつになっても合えば同じ友達関係でいられるっていいなあ。

No title

景福宮は楽しみにしてた観光地の一つでした。
だってトンイやチャングムに出てきてたお城だったから。
残念ながらガイドさんをゲットできなかったけど、私たちの強い味方の響ガイドがいたから大丈夫!
やっぱり人気の場所よね。観光客いっぱいだった。
建物自体は日本のお城とは異なりとてもシンプルで、中の写真を撮るために並びながら一番前に行こうと思った。
私の前の人がのいて、さあ私が一番前と思った瞬間、両脇から人が来て順番がまた後ろに・・・・
びっくりした。諦めてみんなのところへ。
「順番が後ろになったね」って見ていたSっちに言われた。
あんな経験初めてでほんとにびっくりしたのと民族性の違いを感じたなぁ~
民族博物館も楽しみにしていたところ。
興味があったからメモとってたけど、メモらなければMちゃん同様睡魔にとりつかれそうだった。
ガイドのおじさんが丁寧でわかりやすかったね。
朝鮮時代の知識がない、何も知らないってことがよくわかって帰ったら本でも読んでみようって思いました。

No title

私も、昔と同じだと可笑しく思ったんだけど、もしかしたら前を行きたい私のために、後ろから付いてきてくれたんじゃないかと・・・。
昔も今もね。

順番を守らないのは、中国人観光客が多かったからかも。
日本人観光客が多かった数年前と、雰囲気が変わってきたように思います。
メモに何が書かれていたのか興味があるわぁ。
プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。