スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウニョン宮で韓服体験


昨夜はみんなよく眠れたようで、爽やかな朝です。

朝食は、昨日買ったパンとキンパッ。


20150611.jpg



冷蔵庫で一晩過ごしたキンパッは、レンジで温めても硬くて残念なことになってしまいましたが、パンはこれもまた美味しかったわぁ。


20150612.jpg



最終日も元気に出発です。


20150613.jpg








行先はウニョン宮。

中に入り、日本語のパンフレットをもらおうとすると、日本語で案内ができますよと中の若い女性に声をかけてもらいました。

ワーイ!是非ぜひお願いします。

私なんかが知っている事をただ話すのと、ガイドさんの説明を聞くのは雲泥の差があり、みんなも興味が湧くに違いありません。

しかもこんな素敵なガイドさん。なんて幸運なんでしょう。




ここは朝鮮王朝末期の高宗王が、生まれて即位する12歳まで生活していた屋敷。

高宗王は、先代の王様に跡取りがいなかったために、親戚の中から選ばれて王様になったんです。

高宗王の父も、息子が王になったことで大院君となり深く政治に関わって、この屋敷でも政治が行われていました。

屋敷も「宮」に格上げされ、現在のウニョン宮を取り囲むこの一帯が昔はウニョン宮の敷地だったようです。

門を入ってすぐにある「老安堂」が、まさにその政治の舞台。

男性の暮らす部屋であり、応接間のような場所です。



20150614.jpg



その横の張り出している部屋は、映画「スキャンダル」でヨンジュンさんが座っていた場所だそうです。写真をお願いしまーす。



20150615.jpg



その奥にある「老楽堂」では、高宗王と明成皇后の婚礼が行われました。

横手の後ろにある高い建物は、ドラマ「宮」のロケ地になっています。



20150616.jpg



明成皇后が朝鮮王朝最後の王となった息子・純宗王を連れて来た模様を再現しています。



20150617.jpg



立っている男の子は、高宗王の兄の息子。この家の跡取りですね。

明成皇后といえば、大院君との確執やその時代背景など、私はドラマ「明成皇后」でだいぶん知ることになりました。

そのドラマで大院君を演じた俳優さん、よく怒鳴る怖い人だったけど、今見ているドラマ「家族なのにどうして」では他では見たことがないぐらいの優しいお父さんを演じています。

ちょうど今夜が最終回。もう会えなくなるのは寂しいわぁ。

一番奥にある「二老堂」は男子禁制の女性の部屋。

その「二老堂」と廊下にあたる「二老堂東行閣」も、映画「スキャンダル」のヨンジュンさんの風景で見覚えがあります。



20150618.jpg







展示室の中も案内してもらいましたが、今回興味をもったのはここ。



20150619.jpg



嫁入りの時、嫁ぎ先の親戚ひとりひとりにお辞儀をし、祝儀をもらう様子。

今でもその習慣は続いているそうで、結婚式場には必ずそのための部屋があるそうです。

私も20年ぐらい前にしました、とガイドさん。     ・・・えっ?  

聞き間違いかと思いましたが、みんなでいろいろ質問すると、もう大学2回生になる息子さんもいらっしゃると。

私は20代だと思ってました。 すごく若く見えるわぁ!

うちの次男と同じ二十歳という年齢の息子をもつ韓国の母親に、聞いてみたいのは兵役のこと。

気になる事や知りたい事を、あれこれ質問してしまいました。



案内が終わると次は、ここに来た目的である韓服体験。

係りのおばさんは日本語が話せないので、無口な感じでチマ(スカート)を4枚差し出し、どれにする?

それぞれ色を選ぶと、まず私に着付け。みんなはそれに続きます。

そしてチョゴリ(上着)の色を選んで羽織りました。



20150620.jpg



ピンクのチマはこの年でと心配でしたが、淡い黄色のチョゴリで少し落ち着いた感じになったかな。

先ほど見た明成皇后と同じ色の組み合わせだわ。

きれいなガイドさんとも一緒にパチリ。



20150621.jpg



座るとチマがふんわりして優雅~。



20150622.jpg



足元のスニーカーを隠すために、膝を曲げて撮ったんですが・・・。



20150623.jpg


S子が、「響の顔が横にある!何か変!」と言い出しました。

私も横を向くとみんなと目の高さが同じで、すごい違和感!

「ちっちゃい響になってる!」「響の中から小さい響が出てきたみたい!」「響のマトリョーシカやー」と大騒ぎ。



20150624.jpg



それぐらい、私がみんなより高いというのが当たり前だったんですね。

10センチは定規で見ると大したことは無くても、身長にすると見た目の印象が違ってくるし、見える世界も大分違います。

周りの事をちょっと俯瞰(ふかん)して見ているような性格も、もしかしたらこの高さに起因しているのかもしれません。

10センチ低ければ、人生も違うテイストになっていたでしょう。







残念だったチマの丈ですが、実はブラジャーの肩紐のように調整可能。

行かれる方は、上手に着てみてくださね~。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チマチョゴリの体験はと~っても楽しかった。
ちっちゃい響!にみんな爆笑だったね。
ずっと笑いっぱなしでシワが増えたんじゃないかと思うくらい。みんなよく似合ってたし王妃さまになった気分でした!
ガイドのお姉さんもとてもわかりやすかったし、なんといってもきれいで素敵でした。
朝鮮王朝の末期を全く知らない私は説明もよくわからないところがあったけど、興味深く聞けました。
中国王朝の末期もラストエンペラーのドラマをみてよくわかったから、帰ったら朝鮮王朝末期のドラマを見てみたいと思いました。

No title

みんなと一緒でなければ、着ようとも思わないんだけど、とにかく何をやっても大はしゃぎだったよね。
ここは他の人がほとんど居なかったから、余計にね。
朝鮮時代末期にも興味が湧いたでしょう?
でも時代劇の掛け持ちは止めたほうがいいよ。
俳優さんがかぶっていたりして混乱するからね。
プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。