スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドックの健診結果


一か月後に集団の結果説明会があるということだったので、それまでに乳がんのお勉強をしておこうと思っていたんですが、健診結果が郵送されてきました。

私のだけ。

データを見てみると、オクレに聞いていた以外にもいろいろまずい所がありました。

10年前のオールA(異常なし)という素晴らしい成績からはほど遠く、これが年をとるという事なのでしょうか。

もっとも、健康的な生活をしてないので、当然の結果かも・・・。





要精密検査になっていたのが、眼圧検査。

緑内障の恐れがあるって、ウソー!

すぐに緑内障の検査内容などを調べてみると、どうやら痛そうなものは無さそうだし、治療も目薬でするみたいです。

目が見えなくなるのはかなり怖いので、まずは眼科に行くことにしました。





近所の眼科は、図書ボランティアをしていた時のお仲間のご主人がされています。

私は初診で、先生は私のことを知らないようなので、私もその事を告げずに診察してもらいました。

機械を使って何種類かの検査を受けている間に、何人かが診察を受けていたんですが、先生が優しいからか皆よく話しています。

私のすぐ前のおじいさんは、「そんな事関係ないんじゃない?」と思えることも長々と話していて、きつい冷房ですっかり体が冷えていた私は、早くしてよ~の気分。

でも先生は嫌な顔をせず、話も遮らずに聞いてあげてるんです。偉いわぁ。

そして私の番がきました。 結果は「大丈夫です。」     

「良かったぁ。」と声がでました。

画面でデータを見ながら詳しく説明してもらったんですが、それより先生が気にしているのが、健診結果の他のデータ。

マンモです。

切ったり刺されたりして痛い思いをしそうなので、どうしようかと迷っていると話しました。

眼科の先生に乳がんの話まで聞いてもらうのは申し訳ないので、ありがとうございましたと言って席を立ったんですが、知っているいい病院を教えてくれました。

私の妻も行っていますと。

そこで、実は奥さんと知り合いである事を告げ、乳がんの話ができるなぁと内心ちょっと喜んだんですが、定期検診を受けているだけのようでした。

そりゃそうか。

先生に手で着席を勧められ、もう少しおしゃべりを続けました。

長生きして母達のような姿になるなら、癌で死ぬチャンスを得たような気持ちでもあることなど。

先生は困ったような顔で、「職業柄、病気は治すものだと思うんですがね・・・。」と。

待合室に戻ると、人が増えていました。

私の長話で停滞してしまったようです。 すみません。




マンモの判定は、右がカテゴリー4で左が3。

画像は二人の医師が見るそうで、当日は先に見た医師が右を5にしていたので、その後オクレ先生(←先生に戻ってるし)が4にしてくれたのだと思います。

一緒に送られてきた解説書を読むと、カテゴリー3は、「良性の可能性が高いが、悪性の可能性も否定できない場合です。超音波検査などの追加検査が必要です。」

カテゴリー4は、「悪性の疑いがあります。悪性の可能性が高い病変で、他の検査が必要になります。」

カテゴリー5は、「ほぼ乳がんと考えてよい病変があります。さらなる検査が必要です。」

もうね、再検査が必要という時点で4と5は同じなのよ。

だったら4って事でお知らせしておけばいいじゃない。

ここでちょっとオクレ先生の優しさを感じたのでした。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

響

Author:響
好奇心が旺盛の面白がりで、発見・気付き・初めてが大好物!
見た目はおばさん、中身はおじさん?の主婦です。
老後の自分へのプレゼントとして、楽しい思い出を書き留めるつもりで、時々更新します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。